車を買い換えたいとなっても、まだローンが払い終えていないこともあるでしょう。ローンが終わっていない車を売る方法を正しく理解しておくことで、無駄な出費が増えることにも成りかねません。

ここでは、ローンが終わっていないときの対処の仕方について書いてみます。

ローンが残っていても売れる車もあります

唐突ですが、ローンが残っているから車が売れないというのは、思い込みです。また、逆にローンが終わっているからといって、今すぐあなたの車が売ることができるというワケでもありません。

これを正確に言うのであれば、「所有権が誰のものになっているのか?」ということを、まず最も最初に調べる必要があります。

所有権

売りたい車の車検証を取り出してみてください。車検証には、所有者という項目と、使用者という項目が別れて記載されています。

「俺の車を俺が乗るのだから、どちらも俺だろ!」というのは、普通に考えれば正解です。

けれども、買った本人すら気がついていませんが、ローンを使って車を購入すると、この所有者の欄には、銀行やクレジット会社の名前が入っていることがほとんどです。

これは、車の所有者は、クレジット会社であり、車の使用者は、あなた。という形です。

車を譲るには所有者の譲渡証明書が必要

人に車を譲るためには、所有者の譲渡証明書が必要になります。譲渡証明書は、印鑑証明とセットで陸運局に提出するものです。

車検証で、クレジット会社が所有者になっているということは、車を売るためには、そのクレジット会社の譲渡証明書と印鑑証明を貰うこことが必要になります。

譲渡証明書はローンが終わっていないと貰えない