人生における二大出費は、家と車ですね。

新築に引越しすることは、人生において1度の大イベントとも言えるでしょう。

もちろん、さらりと払いが出来る人にとっては。なんでもないことかもしれないですが、私なんて35年ローンを70歳まで払いますからね・・。

ところが、新築を購入するのと同時に、車まで新車で揃えてしまう人っていますよね?

もちろん、人によっては、それが得になることもあるからなんです。

住宅ローン金利は前代未聞の低金利

住宅ローンの金利は、今がまさに、一番安い時です。(※2017年4月現在)

住宅ローン金利に関しては、上がる上がる詐欺とでも言いましょうか、「もう、今買っておかないと、いつ金利上がるかわかりませんよっ!」と言われながらも、この10年下がる一方です。

また、新築になると、住宅ローン減税の後押しもあって、金利を払ってるのか払ってないのかというくらいに、住宅ローンはお得な商品と化しています。

車も低金ではあるのだけれど

車も銀行ローンであれば、2%程度のローン商品もあり、かなりの低金利ではあるのですが、住宅ローンほどではありません。もちろん、車を住宅ローンで買うことはできないのですが、少し見方を変えることで得になることがわかります。

家の頭金に使わずに車の購入に使ってしまう

新築の購入のために頭金を300万円用意していたとしましょう。けれども、銀行ではフルローンも可能な状況です。

普通に、新築の頭金に300万円を使ってしまうと、いざ、車の購入の歳には、車のローンを300万円分組むことになります。

ですが、頭金の300前円を車の購入に使うことにしましょう。そうなると、住宅ローンが300万円増えることになるのですが、金利はグッと安くなります。

近年の住宅ローンは、自由に繰り上げ返済も可能なので、同じ支払いにあてるのであれば、頭金を使ってしまって住宅ローンにあてるほうが得になるのです。